ガラスがクモの巣状にひび割れたときは?

大きくひび割れたからといってすぐに使えなくなるとは限らない

iPhoneのガラスは非常に強固なものであり、コップなどのように落としたら粉々に割れてしまうということはまずありません。ただ地面との当たり方によっては、蜘蛛の巣状にひびが入る可能性はあります。では、もしそういったひびが入ってしまったらどのような対処をすればいいのでしょうか。
まず、ガラスが蜘蛛の巣状になったとしても、まったく使えなくなってしまうとは限りません。電車やバスに乗っていて、近くにいる学生が、まさに画面が蜘蛛の巣みたいになっているスマホを平気な顔をして操作しているのを見たことのある人は少なくないでしょう。割れたとしても、液晶とタッチパネル機能が問題ないのであれば、画面は見られるし操作も可能なのです。

放置しているとほこりと水分がひび割れから入り込んでしまう

ただ、使えるからといって修理に出さずに使い続けるのは推奨できません。というのは、ガラスに入ったひびは時間がたつにつれて拡大していく可能性が高いです。元凶となるのはほこりと水分です。この二つがひび割れたところから入り込んでしまい、ひびが徐々に広がっていってしまうんですね。そうなってしまうと、いずれタッチパネル機能に問題が出て操作ができなくなってしまうことも十分考えられます。
製造メーカーに修理依頼をする場合は、基本的に交換処理になるものの、戻ってくるまである程度の時間がかかり、また費用もかかりますが、非正規であっても修理実績が豊富な店に持ち込めば、一日で修理が終わりますし、データもそのまま残せます。

iPhoneの画面割れが発生した際、画面交換に対応している修理業者へ依頼することで、修理費用を抑えられます。